宗家 ご挨拶

S__134569989

 

プロフィール

1980年(昭和55年)神奈川県横浜市に本家、雨宮家の長男として誕生。
1983年 雨宮家当主により1520年(永正17年)より代々一子相伝にて継承してきた家伝体術の伝承開始。
2003年 雨宮家当主による家伝体術の伝承を終了。
同2003年 家伝体術の伝承を終了し雨宮家家伝体術の継承者となる。
2009年 期するところがあり宗家が今まで学んでこられた様々な武術・武道を雨宮家体術に取り入れ、一つの武術に体系化される。
2010年 影武流合氣体術を創始。
2017年 雨宮家 家伝体術伝承者となる。
同2017年 雨宮家 家伝体術当主を襲名される。

ご挨拶

現在の日本を含めた世界には様々な武術・武道、格闘技があり、先人の方々が後世に伝承してこられた技法には心から敬服致します。
また技法の伝承は様々な方法で現代へ受け継がれているかと存じます。

当影武流の伝承方法は、一つ『体伝』二つ『口伝』三つ『心伝』これをもって伝承するものとしております。
影武流の技法伝承には技の名称がございません。技法に名称を付け、縛る事により自己の世界が狭くなり周囲が見えずらくなってしまうからです。
しかしながら技法の名称がないと申しましても、我々が基礎とする基本動作には名称がございます。
その基本を個々が自由な発想と創造を持ち、応用することで『術の世界』を広げる事を目的とし指導、稽古に励んでおります。

伝承の最大の目的は『調和』ですが、調和と一言で言っても様々な解釈があるので、ここでは控えさせて頂きたく存じます。

従って影武流合氣体術を会得する上で本当に必要なものとは『形』にとらわれない事、『五感』のみにとらわれて判断しない事です。
術理の『根本原理』即ち武術本来の『原理原則』を理解し体現出来ることが重要になってまいります。
それはとても難しい様に思えるかも知れませんが実際に影武流を体感してみると、人体の不思議や心の在り方が理解でき、とても楽しく一つ一つの技法を会得していく事が出来ます。

最後に

世界中全ての御縁ある方々と友好的な関係を望み、純粋に日本の無形文化の一つである影武流合氣体術を楽しんで頂ければ幸いに存じます。
また、御縁のある方々にお会い出来る事を私自身、楽しみにしております。

影武流合氣体術 宗家:雨宮 宏樹